足の感染

水虫について知っておくと良い情報

水虫は白癬菌というカビの一種に感染することによって発症する皮膚の病気です。 足に感染する人の割合が圧倒的に多いのが水虫の特徴ですが、手や爪などにも感染することがあります。 水虫にもいくつかの種類があって、指の間などが白くふやけてただれた状態になる趾間型、小さな水泡ができる小水疱型、足の裏やかかとの角質が厚くなって皮がむけたりヒビ割れが起きる角化型などがあります。趾間型や小水疱型は痒みが伴ったりすることがあるため水虫と気付く人も多いですが、角化型の場合は痒みなどの症状がないため、水虫と気付かない人も少なくありません。 白癬菌は絨毯やマットから感染することが多く、家族に水虫の人がいると家族にもうつる可能性があります。

工夫することで得られるメリット

水虫は男女に関係なく感染する可能性がありますが、医療機関で適切な治療を受けることで完治が可能です。治療は症状に合わせて塗り薬や飲み薬などが使われますが、中には症状が良くなっても再発を繰り返す人がいます。 再発を繰り返す人の多くは、症状が改善されると自己判断で薬をやめてしまっています。 足の皮膚は他の部位の皮膚に比べ角質が厚くなっています。そのため、白癬菌は皮膚の奥に潜んでいる可能性もあります。薬を使用して一時的に症状が改善されても再発を繰り返すのは、表面の白癬菌は死滅しても皮膚の奥の白癬菌は生きているため活動を開始するからです。 症状が改善したとしても医師の指示を守って薬の使用を継続することで、完全に水虫を治すことができます。